top of page

RFIDの活用に取り組んでいます

RFIDってご存じでしょうか?私たちはRFIDやバーコード、AR技術などを使用して近くや見えるところにあるものだけでなく見えないところにあるものも含めて「物がどこにあるのか」、「貸出や返却の管理」や「複数のものを一括で処理」などができないか取り組んでいます。RFIDそのもの...

IoT関連の研究開発状況について

コロナ禍、自宅で農業向けIoTの研究開発を行っています。 本記事ではIoTに関する研究開発の様子をご紹介します。 獣害対策装置開発のきっかけ これまで札幌で「ビニールハウス向け環境センサー」や「野鳥営巣音源定位」の研究開発を行ってきましたが、昨年から新たに獣害対策装置の開発...

AI・IoT・RPAなどの取り組み概況

DX研究開発事業部のメンバーは、2月よりテレワークに移行し、徐々にリモートワークらしい取り組みへと改善を行いながら、活動を行っています。 今回はDX研究開発事業部でどのような取り組みを行っているか、その概況をお伝えします。

適材適所のツールで業務自動化を行う

多くの業務を自動化することができるRPAツールですが、長期に使用していると環境の変更による影響を受けやすいことに気づきます。適材適所のツールで自動化を行うことが重要です。

私たちはNDC DX研究開発事業部です。

はじめまして。私たちは、NDC DX研究開発事業部です。これから私たちが取り組む、自動化、AI,ロボット開発、IoTなどの情報を発信していきます。

1
2
bottom of page